【1年で1,000万円稼いだ小学生投資家】投資は子供の頃から始めるべきか?

投資
エフ博士
エフ博士

こんにちは、エフです。

世の中には小学生の内から投資をされている方がいるようです。

投資は子供の頃から始めるべきか?

投資は経験を積むことや時間をかけて複利効果を活かすことが重要なので一般的には早く始めるほど良いとされています。

アールさん
アールさん

早いって言うのはどれくらいからなのでしょう?

エフ博士
エフ博士

そうですね・・・。

投資をするにはある程度まとまった資金が必要ですから、

仕事を始めて少し経った20代で始める人は早いと言えるのではないでしょうか?

30代、40代以上から始められる人も沢山いると思いますが、20代の内に感覚を掴んでおくとその後の投資にも活かせると思います。

しかし、世の中にはなんと小学生から投資をされている方もいるようです。

1年で1000万円稼いだ12歳の投資家 部活も勉強も怠らず、4時間睡眠の生活

小学5年生の時に株取引を始め、これまですでに1000万円以上を稼いだという12歳の投資家・はるさん(仮名)。その日常は、毎朝5時に起きて相場チェックをし、授業中にもスマホでトレード。私立の名門進学校に通い、生徒会長も務めていた。

(引用:ライブドアニュース21年7月15日

小学生から投資をして既に1,000万円以上も稼いでいるということで凄いですね。

しかもこの方は部活も勉強もしっかりこなしているそうです。

この年齢でこれだけの資産があると私だったら金銭感覚が凄いことになりそうです・・・。

エフ博士
エフ博士

私が小さい頃のお小遣いは月に何百円か貰うといった感じでしたので、文字通り扱っている金額の桁が違いますね。

アールさん
アールさん

少なくともこの方には「うまい棒がいくらでも買える!」という発想はなさそうですね・・・。

小学生からの投資は一般的な感覚からするととても早いとは思いますが、10代の内のどこかのタイミングで実際に投資に触れる機会を作ってみるのはありなのではないでしょうか?

こうした経験がないと歳を取るまでそもそも「投資」という手段でお金を増やすといった発想が生まれにくくなってしまうと思います。

若い時は投資に費やせる時間も多く多少の失敗は挽回できますので有利な点は多いです。

スポーツや芸術などは大抵子供の頃から練習を積んで才能のある人がプロになるというケースが多いので、投資に関しても本当は小さいころから基礎を学んでおいた方がいいのかもしれません。

何かの分野で大成する人は大抵小さな頃からその分野に触れている確率が高いはずです。

例えば将棋の藤井さんやスケートの羽生さんだって小さな頃から修練を積んでいます。

小学生は早いかもしれませんが、少なくとも中学生くらいで投資の概念について教えることは後の人生のことを考えると大きな影響を与えるに違いありません。

エフ博士
エフ博士

普通に会社員として働くこと以外にもお金を稼ぐ手段があるのだと認識するだけでも視野が広がると思います。



金銭面に関する知識はそのまま生きていく力に直結する面もあります。

例えば仕事で行き詰まってしまった時にも別の収入源があるのと無いのとでは心境も違ってくるでしょう。

また、特に本業に行き詰まっていないような人でも、心の余裕を持ちながら仕事に取り組むことができるので好循環が産まれやすいです。

いつも金銭面で悩みを抱えて精神的に追い込まれている中では仕事をしていても良い案は思い浮かばないでしょう。

精神的な余裕を持つためにも投資は有効な手段になってくると思います。

アールさん
アールさん

それにしても子供の内にこんなに稼ぐなんて凄いですね。

エフ博士
エフ博士

子供は興味があることに集中するととんでもない力を発揮しますからね。

この方の場合はそれが投資に向けられたということなのでしょう。

やはり何でも感性が豊かな時に触れることが大事だと思います。

それでは。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

投資
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました