【FOMC】株式市場は大きな影響無し?

投資
エフ博士
エフ博士

こんにちは、エフです。

FOMC後も株価にあまり大きな変化はありませんでした。

FOMC後も大きな動きは無し

27日、28日にFOMCがありました。

FOMCとはFRB理事と地方準備銀行総裁がメンバーとなり金融政策等の方針を決める会合になります。

これらは投資家達に注目されていますが、何故注目されているのかと言うと金融緩和縮小や政策金利などの方針は株価に大きく影響してくるからです。

FOMCの発表によって自分達が保有している株が上がったり下がったりしてしまうので、皆発表される情報に対して敏感になっています。

エフ博士
エフ博士

FRB、FOMCについて過去にまとめてみたものがありますので、

よろしければそちらもどうぞ。

FOMCやFRBといった単語はニュースにも頻繁に出てきますので、

ざっと知っておくだけでも理解しやすくなると思います。

FRB、FOMCについてまとめた過去の記事はこちら

404 NOT FOUND | エフ博士の米国株投資ブログ
Just another WordPress site

FOMC、景気回復順調と判断 緩和縮小の議論継続 「労働市場に課題」

[ワシントン 28日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)は27─28日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、新型コロナウイルスの感染者が増加しているにもかかわらず、米経済の回復は引き続き順調との判断を示した。また、見通しは引き続き明るいとし、金融支援策の最終的な解除に向け、議論を継続していくと表明した。

(引用:ライブドアニュース 21/07/29)

今回のFOMCでは政策金利への利上げは無く据え置かれました。

また、債券購入の規模に関しても維持されています。

アールさん
アールさん

このあたりは投資家にとって良い情報になりますね。

エフ博士
エフ博士

そうですね。

何故良い情報なのかと言うと、

利上げや債券購入規模の縮小は株価にとってはマイナス方向に働いてしまうからです。

債権の買い入れが減少すると長期金利が上昇するので、企業の借入金等にかかってくるコストも上昇してしまいます。

特に成長性の高いグロース株は設備投資に積極的な傾向が見られるので、設備投資のための借入金コストが上昇すればマイナス影響を受けやすいとされています。

つまり今回のFOMCで利上げは無く債権買い入れ規模も維持という結果は、株式市場にとって一安心ということになります。

エフ博士
エフ博士

ただ、これはあくまで現在の状態なので、将来的には債権買い入れ規模も縮小される見込みとなっています。

今回のFOMCでもその開始時期について検討を進めていく旨が言及されています。

FOMCの発表を受けて株価の方にはあまり大きな動きはありませんでした。

【ダウ平均チャート】

【S&P500チャート】

アールさん
アールさん

大幅な下落は無かったのでとりあえずは一安心ですね。

エフ博士
エフ博士

それはそうなのですが私はアマゾンの決算発表後の動きが気になります。

グーグルはあんなに上がったのに決算前に購入したアップルは下がってしまい私は悲しいです・・・。

アマゾンは大丈夫でしょうか?

それでは。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

投資
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました