【簿記のすすめ】文系の大半は営業職に・・・/ソルジャー回避のためにできること

コラム
エフ博士
エフ博士

こんにちは、エフです。

私は理系ですが文系の人の大半がどのような仕事をするか知っていますか?

文系卒の大半は営業という事実

文系の人が就職する際、大半の人が営業の仕事をすることになるかと思います。

アールさん
アールさん

営業職はネットでよくソルジャーなんて言われたりしますよね。

エフ博士
エフ博士

ソルジャーといってもFFⅦに出てくるソルジャーとは違いますよ。

理系の学生は大学時代何らかの専門的な研究をしていることが多く、その研究分野を生かした会社に就職する傾向がある一方、文系の学生は仕事に使えるような知識やスキルを得る機会は少ないと思います。

もちろん文系卒の人でも一部の専門職に就く方もいますが、そうした職業に就くには基本的に難関資格の取得が前提となっています。

アールさん
アールさん

難関資格というと?

エフ博士
エフ博士

会計士とか弁護士とかです。

大半の人が普通に学生生活を送っていく中で、そのような難関資格を取得できる人間は稀でしょう。

偏差値が上位の学校の中にあっても特に優秀な人でなければ難関資格を取ることは容易ではありません。

エフ博士
エフ博士

大体の人はダラダラとバイトをしながら適当に時間を過ごしてしまうのではないでしょうか?

過酷な受験を乗り越えて、初めて人生の中のオアシスを堪能している人も少なくないでしょう。

アールさん
アールさん

と言っても理系は研究やレポートに追われるので忙しいイメージですね。

しかし、文系の人の大半が営業職に向いているかというとそんなことはないでしょう。

営業にはやはり独自のコミュニケーション能力が必要になりますし、そうしたことを苦手とする人も多いかと思います。


ただ、事実として営業職は就くだけならば特別なスキルが必要ない分、向いていない人が続けるには中々厳しい仕事だと言えます。

就活をしているとそのうち殆どが営業職だということに気が付き、落胆する人も多いでしょう。

間接部門職という選択肢

文系卒は営業職が大半ですが、経理や総務、人事、法務といった道もあります。

アールさん
アールさん

他にも選択肢はあるんですね。



しかし、これらの職種は希望人数に対して設けられている椅子が非常に少ないのです。

大手企業であればそれぞれ独立した組織としてある程度の従業員が割かれますが、規模がそれほど大きくない会社ではこれらの役割をまとめて総務部門が引き受けているケースがあります。

間接部門の人件費というのは会社にとって削減の対象になりやすいのです。

さらに近年は作業の自動化によってますます椅子が減少傾向にありますし、新卒の人以外では基本的に経験者が優遇されるのも特徴です。

エフ博士
エフ博士

ただ、それは裏を返せば一度経験を積むことができれば参入障壁の面でアドバンテージになりやすいということでもあります。

簿記を取得して選択肢を増やす

新卒以外上記の職業につくのが難しいのであれば、方針は固まってきます。



新卒の段階で間接部門の職種に就きましょう。



一度新卒で営業職になったが最後、転職活動をしても次も営業職という無限ループにはまりかねません・・・。

アールさん
アールさん

転職してもソルジャーの無限ループという展開は嫌ですね。

しかし逆を言えば新卒で間接部門の仕事についてしまえば同じ職種を続けられる可能性が高いです。

簿記資格を取ってアピールすることができれば経理に配属される可能性は比較的高くなりますし、仮に経理以外の間接部門職につくのにも評価の対象になりやすいです。

また、理系の研究職ほどではありませんが、文系の中では比較的専門的な知識を有することができますので仕事を奪われにくくなりますし、基本的に会計の仕組みはプログラミングなどに比べれば頻繁に変わることはないので将来も使える知識になります。

以上のように、逆算して考えると簿記の資格を取ることが職種の幅を広げるための足掛かりになります。

営業職に就きたくない文系の人は簿記資格を取るのがおすすめです

エフ博士
エフ博士

最後は熱意だと思いますので中途の人でも諦めなければ転職できる可能性もあるかと思います。

企業からは大抵2級まで求められることが多いですが、3級で必要な商業簿記に加えて工業簿記という原価計算部分の勉強が必要になってきます。

まずは比較的簡単な3級を取ってみることがおすすめです。

簿記の知識は投資に関りがある


会社には貸借対照表や損益計算書と呼ばれる財務諸表があります。

これらは会社の経営がどのような状態かを知るための資料になり、利益や負債の状態などが記載されています。

ちなみに上場している会社のホームページに行けば、投資家のための情報といった項目で見ることができると思います。

投資家は財務諸表を確認することでその会社の状態をある程度推し量ることができ、投資の判断材料にすることができます。

簿記を学ぶことで財務諸表がどういった構成になっているのかがある程度わかるようになります。

エフ博士
エフ博士

簿記を取ることで就職の幅が広がりますし、投資にも活用できるといったメリットがあります。知っておいて損はない知識だと思いますよ。

アールさん
アールさん

損益計算書や貸借対照表はよく耳にすることがありますね。

PL、BSとも言われます。

まとめ

  • 文系卒の就職先は営業職が大半
  • 営業職は得意不得意の差がでやすい
  • 間接部門職は需要に対して用意されている椅子が少ない
  • 簿記を取ることで間接部門職として採用されやすくなる
  • 簿記を知ることで投資に活かせる
↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

コラム
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました