【CF計算書】超簡単なキャッシュフロー計算書の分析方法

コラム
エフ博士
エフ博士

こんにちはエフ博士です。

今回はキャッシュフロー計算書(CF計算書)について初心者用に簡単にまとめてみました。簿記の試験範囲の影響もあると思いますが、個人的には同じ財務諸表であるPLやBSに比べるとCF計算書は触れたことがない人の割合が多くなる印象があります。

アールさん
アールさん

簿記ではCF計算書が出てくるのは1級からになりますから、2級までの知識の人はスルーしている人もいる気がしますね。

エフ博士
エフ博士

そうですね。ただCF計算書は会社に投資をする観点からするとかなり重要な資料になってきます。

キャッシュフロー計算書(CF計算書)について

CF計算書は簡単に言うと会社のお金の流れを表している資料になります。

PLやBSと同じく財務諸表のうちの一つになります。

CF計算書を見ることで会社のお金の出入りがどのように行われているのかがわかります。

エフ博士
エフ博士

CF計算書の構成を簡便的に表したのが下記の図になります。

【簡易的なCF計算書表例】

CF計算書は大きく区分すると三つの項目に分かれます。

営業活動によるCF、投資活動によるCF、財務活動によるCFになります。

実際にはそれぞれの区分にさらに細かい項目がありますが、今回は簡単さを重視するため割愛します。

それぞれ金額の符号がプラスの場合企業にお金が入ってきたことを意味し、マイナスの場合は企業からお金が出ていったことを表しています。

エフ博士
エフ博士

最初の内はこの部分において多少混乱してしまうかもしれませんが、上記のことを意識しておけば大丈夫です。

それでは各区分についてみていきましょう。

営業活動によるCF

営業活動によるCF区分ではその企業が本業で稼いだお金について記載されています。

仮に何かを作るメーカーだった場合、作った商品が沢山売れてお金が入ってくればこの区分の数字がプラスになります。

基本的に事業が上手くいっていれば入ってくるお金はプラスになりますが、反対に事業があまりうまくいっていない企業だと原価が回収できないのでマイナスになってしまいます。

投資活動によるCF

投資活動によるCF区分ではその企業が投資によってどれだけお金を使ったかが記載されています。

事業を拡大するために企業は投資をする必要があります。

例えばメーカーだったら商品を作るための装置や設備といった固定資産などを取得する必要がありますが、そうした設備を買うと企業からお金が出ていきます。

お金が出ていった場合CFの数字はマイナスになります。

アールさん
アールさん

反対に設備を売った場合はどうなるのでしょう?

エフ博士
エフ博士

設備を売ってお金が入ってきた場合投資活動CF区分の数字はプラスになりますね。

財務活動によるCF

財務活動によるCF区分では企業の資金調達等によるお金の動きが記載されています。

例えば銀行からお金を借りてきた場合はプラスになりますし、返済してお金が出ていけばマイナスになります。

株主への配当金支払いや自社株買いを行えばお金が出ていくのでマイナスになります。

フリーキャッシュフローについて

CF計算書のメイン構成は営業CF、投資CF、財務CFの区分になりますが、他に大事な指標としてフリーCFというものがあります。

フリーCFは式に表すと下記のようになります。

フリーCF=営業CF-投資CF

株主が投資をする時に実はこのフリーCFはとても重要になります。

フリーCFとは言わば会社が自由にできるお金になるので、金額がプラスであれば会社の経営状態に余裕があるということになります。

配当金支払いや自社株買いを行うことができますので、株主へ還元される可能性も高くなってきます。

エフ博士
エフ博士

配当金や自社株買いの有無は株主にとって非常に大事になってきますので、

フリーCFがプラスになっていて会社に余裕があるのかといった情報は大切です。

アールさん
アールさん

企業が自社株買いをすれば市場に出回る株の数が減ることになるのでその株の価値は上がります。配当金は増配が続いてくれると投資家にとっては助かりますね。

企業に投資をする際フリーCFに余裕があるのかはとても重要になってきます。

簡単企業分析

CF計算書の構成はわかりましたが、実際に資料を見る際はどのように見ていけばいいのでしょうか?

簡単にではありますが、メイン区分三つの金額の符号の組み合わせを見ることで経営状況をざっくりと分類することができます。

アールさん
アールさん

つまりどういうことでしょうか?

エフ博士
エフ博士

下記の項目で実際に見ていきましょう。

優良企業

優良企業の場合本業は上手くいっているので営業CFはプラスになります。

一方で投資CFと財務CFはマイナスになっています。

これは事業拡大のための設備投資や株主還元等を行っていると見て取れます。

積極投資企業

営業CFと投資CFは優良企業と符号が同じですが財務CFはプラスになっていますので、銀行からお金を借りてより投資に資金を回しているという結果が反映されています。

ベンチャー型企業

営業CFと投資CFがマイナスで財務CFはプラスになっています。

会社としては本業ではまだ稼げていない状況ですが、資金を調達して投資活動を行うことで積極的に事業を拡大していこうといった結果が表れています。

経営に難のある企業

営業CFと財務CFがマイナスで投資CFはプラスになっています。

本業が上手くいっていないので設備などの固定資産を売却することで資金を工面している状況になります。

エフ博士
エフ博士

財務活動CFはマイナスになっているので銀行からお金を借りることもできないといった感じでしょうか。

アールさん
アールさん

大変そうですね・・・。



こうした形で区分の金額符号の組み合わせからある程度企業のタイプを類推することができます。

組み合わせ自体は全部で8通りになりますが代表的なものをとりあげてみました。

また、実際には三つの区分の中身は詳細な項目に分かれているのでより詳しく分析することもできます。

まとめ

  • CF計算書はPL,BSと同じ財務諸表の一つ
  • CF計算書の構成は主に営業CF、投資CF,,財務CFに分かれている
  • 営業CFは本業の稼ぎ、投資CFは設備等の購入や売却等、財務CFは借入金や配当等で動いたお金
  • フリーCF(営業CF-投資CF)が多いほど株主に還元される可能性が高くなる
  • CF計算書区分の金額符号パターンによって企業のタイプをざっくりと分類できる
エフ博士
エフ博士

PLとBSはメジャーですがCFはそれに比べると少し印象が薄い気がします。

しかし、投資家にとってはCFもかなり大事になってきます。

マネックス証券ならば【銘柄スカウター米国株】というサービスで銘柄ごとのCFの様子がグラフでわかりやすく表示されているのでおすすめです。

それでは。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

コラム
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました