【無限の可能性】FIRE達成!/その後の生活

コラム
エフ博士
エフ博士

こんにちはエフ博士です。

若いサラリーマン投資家の90%以上はFIREを目指していることが私の研究で明らかになっているとかなっていないとか。

アールさん
アールさん

どっち?!

エフ博士
エフ博士

まあ若いうちから散財せず投資をしているような人は心のどこかで少しはFIREを意識しているのも事実だと思いますよ。

FIRE後の人生を楽しむために

会社に入った瞬間そこから40年近くの労働人生が始まります。

40年という数字だけを見てしまうと圧倒されてしまいますね。

しかしそんな日常にも希望はあるのです。

FIREという希望が!

エフ博士
エフ博士

FIREとは暗闇を歩く労働者にとって闇を照らす一筋の光なのです。

アールさん
アールさん

うおおおおおお!

若者が目標にする「FIRE」という生き方

欧米の若者世代から始まった「FIRE(ファイア)」とは、Financial Independence Retire Early の頭文字で、「経済的に自立して早期リタイアを目指す」という動きです。日本の若者にもこの考え方が広がりつつあり、「FIRE」をテーマにした本やSNSが人気を得ています。

(引用:産経新聞 21/08/11

世の中には節約や投資に励み見事FIREを達成した人たちがいます。

彼らは労働という地獄から解放されもはや悲しみとは無縁の生活を送ることになるのでしょう。

アールさん
アールさん

実に羨ましい限りですね。

しかし、中にはせっかくFIREを達成してもその後の生活を心の底から楽しめない人もいるようです。

こうした人たちは仕事をしている時にはそこから抜け出すことを第一の目標として生活しています。

FIREを達成するのは容易ではないためあらゆる行動をその一点のために捧げている方も多いです。

そうした反動もあってか、FIRE達成までのプロセスは描いていてもその後の人生について深く考えていなかったというケースもあるようです。

エフ博士
エフ博士

なんというか贅沢な悩みにも聞こえてしまいますね。

アールさん
アールさん

でもこれまで仕事をしていた時間がまるまる空いてしまったら持て余してしまうかもしれませんよ。

エフ博士
エフ博士

人間バランスが大事とも言いますからね。

FIREを本気で目指している人はFIREする前からその後の生活についてもある程度考えておいた方がよさそうですね。

正直時間があればいくらでもできることはあると思うのですが・・・。

エフ博士
エフ博士

エンターテイメントの種類なども増えているので昔の人に比べたら時間を持て余すことも少ないのかなとは思います。

それでもFIREをするなら時間との付き合い方がカギになりそうですね。

それでは。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

コラム
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました