【恒大集団】今業界でホット(炎上)な会社について調べてみた

社会のあれこれ
エフ博士
エフ博士

こんにちはエフ博士です。

9月に入ってから資産の減少が止まりません。

アールさん
アールさん

悲しい・・・。

エフ博士
エフ博士

ということで今話題の恒大集団についてちょっと調べてみました。

恒大集団のバランスシートがやばいらしい

今投資家達の間で熱い会社と言えば恒大集団ですよね。

アールさん
アールさん

熱いというか炎上しているというか・・・。

エフ博士
エフ博士

その熱のせいで私の資産も日に日に溶けているのですよ・・・。

日に日に資産が減少していくのを眺めているのはやはり辛いものです。

とりあえず米国株の下落に対して為替はドル高円安になっているので円換算時の資産の減りは若干軽減されてはいるのですが。

株に対して現状色々なリスクがありますが、その中の一つに恒大集団のことがあります。

アールさん
アールさん

この会社の名前は最近ニュースでよく出てきますね。

恒大集団(こうだいしゅうだん)は中国の不動産会社なのですが、現在債務不履行の可能性があるということで話題になっています。

恒大集団の基本戦略は多額の借入金を使って高騰する土地を取得していくといった形のようです。

中国の不動産はバブルもあり価値は上がっていきました。

エフ博士
エフ博士

単純に借入金が多くなるというのはそれだけ事業の成長に投資していることになりますから悪いことではありません。いわゆるベンチャー企業や若い会社なども基本的には事業拡大のために沢山お金を借りて投資するパターンが多いです。

恒大集団は上記のような感じで資産を増やしていきました。

しかし、BS(バランスシート)上資産額は増えていきますが同時に負債の比率も増えていきます。

【BSバランスシート】

バランスシートとは企業が作成している財務諸表の一つで、ある時点で企業が持っている資産がどれだけあるのかを表した資料になります。

左側に保有している資産額について表示され、右側にはその資産額が負債(返さなければいけないもの)によるものなのか純資産(返さなくてもいいもの)によるものなのかが表されています。

エフ博士
エフ博士

つまり借入金を使って土地を取得していけば土地と言う資産が増えると同時に借入金という負債も増えることになります。

恒大集団は21年6月時点でこの負債の部分が約35兆円もあったようです。

エフ博士
エフ博士

35兆円・・・。

アールさん
アールさん

わけのわからない金額。

うまい棒沢山買えちゃう。

ここまで借りられるというのは凄いですね。

ただ、不動産のバブルが懸念されていたこともあり、中国の銀行はBSの負債比率が大きな会社にはお金を貸す額を制限するようになったみたいです。

これまでは借りたお金を回転させることで業績をあげてきましたが、融資が制限されてしまったこともありこの流れが上手くいかなくなりました。

結果的に巨額になってしまった負債は返せなくなってしまう可能性があり、投資家心理の悪化から株価は下落してしまったという背景のようです。

エフ博士
エフ博士

9月は米国株にとって逆風が吹いていますね。

果たして10月以降どうなってしまうのか・・・。

それでは。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

社会のあれこれ
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました