【エフ博士は落ちるナイフを掴んでしまいがち】相場はようやく少し落ち着いた?

投資

先週はジェットコースター

エフ博士
エフ博士

こんにちは。エフです。

昨晩はハイテク株が下がりましたが、

先週と比較すると少し落ち着いてきたのかなといった印象でした。

先週はまさにジェットコースターといった感じで、週の前半でハイテク株を中心に株価は大きく下落しましたが後半には大きく反発しました。

持ち株もVOOとAAPLが大きな影響を受けて含み益が一転マイナスになりましたが、下落時に買い増ししたため現在はほぼプラマイゼロといった具合になっています。

あのまま下落が続いていたら少し怖かったのですが、急反発したためとりあえずは一安心しました。

基本的には株価が上昇している時に買う順張りが良いらしいですが、私は大体株価が下落した時に買う逆張りが多いんですよね・・・。

投資には「落ちるナイフは掴むな」という有名な格言があります。どういうことかと言うと、チャートが下落している銘柄はその下落が落ち着いて再び上昇に転じるまで買うべきではないという意味です。

まあそれでも私はその格言を無視して買ってしまうことが多いです。

普通に買い物をする時はバーゲンセールを狙って買うのだから、株だって同じじゃないかと考えてしまいます。

下落した株を買う時にはいつもここまで落ちていたら流石に戻るだろう・・・と考えてしまいがちです。

購入後は基本的に反発することが多いのですが、

時にはそのまましばらくの間株価が戻ってこないこともあります。

いわゆる塩漬けになってしまうケースですね・・・。

IAUとSLVの上昇が続く

長期金利上昇の影響を受けやすいグロース株として、持ち株のアップルは5月に入ってから下落が続いていました。

一方で金銀相場と連動しているIAU、SLVといったETFは上昇が続いています。

私は元々コモディティを保有してこなかったのですが、経済が不安定な時は金の価値があがりますので株価が下落した際にはクッションになります。

実際4月、5月と大きな恩恵を受けることができましたので持っててよかったです。

やはり投資をする際には分散させておくことが大切なのだと実感しました。

エフ博士
エフ博士

米国は4月のインフレ率が4.2%と予測を上回る数字になりましたが、

これは一時的だという見解が多いようです。

最近は金融緩和縮小の懸念が高まってきていると思いますので、

注意していきたいと思います。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

投資
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました