【資産運用額ごとのメンタル変化】1億円を越えるとメンタルはどう変化するのか?

コラム
エフ博士
エフ博士

こんにちは、エフです。

今回は資産運用額ごとにメンタルがどのように変化していくのかといった話をしたいと思います。

あなたは鋼メンタル? 豆腐メンタル? 

株で投資をしている人にとってメンタルの保ち方は重要になります。

中には暴落で精神的にやられてしまい慌てて売ってしまう人も多いのではないでしょうか?

後からチャートだけを見た人にとっては何故そのタイミングで売ってしまうのかと不思議に思われる方も少なくないはずですが、実際にチャートの暴落を目の当たりにしている時の当事者にとっては結構メンタルにくるものがあります。

普段はしないような判断をしてしまっても不思議ではありません。

投資をしていない人にとっては株価が下落した際にメンタルを保てる自信がないからと敬遠してしまう人も多いでしょう。

世の中には1億円以上を運用している方もいるはずですが、投資をしていない人にとってはそういった方たちが普段どのようなメンタルで過ごしているのか興味があるかと思います。

勿論私も1億円を運用しているわけでありませんが、実際にそれくらいになるとメンタルはどう変わるのか興味があります。

アールさん
アールさん

僕、メンタルが豆腐だから投資には向かないかも・・・。

エフ博士
エフ博士

私もプリン並みの柔らかさですよ・・・。

ですがそんな私でもなんだかんだで投資を続けて数年が経ちましたので、実際に運用する資産額ごとのメンタル変化について解説してみたいと思います。

投資額50万円程度

始めて株に投資をする方は50万円くらい資金があって大体5万円~10万円くらいで試しに気になった銘柄を買ってみる人が多いのではないでしょうか?

私は当初米国株ではなく日本株から投資を始めました。

一番最初に何を買ったのかは忘れてしまいましたが、思い返してみるとこの頃がもっとも精神的動揺が激しかったことを覚えています。

アールさん
アールさん

5万円~10万円といっても今まで株に投資をしたことがない人にとってはかなりの大金ですよね。

エフ博士
エフ博士

投資をしていても大金ですよ。

やはり最初の頃は経験がないので少し株価が動くだけで一喜一憂していました。

100円、200円の利益でもとても嬉しかったですね。

ちなみに私が買ったことある具体的な銘柄はカプコン、ドコモ、オリックス、SUMCO、東電等色々買いました。

業界など関係なくかなりバラバラな買い方をしています。

当時は特に有名ブロガーさんの記事などを読んで真似して買ってみたりもしましたが中々上手くいきませんでした。

しばらくは50万円くらいを株式投資用の資金として運用していました。

この時の私は仮に投資しているお金が0円になってもいいやといった覚悟で投資していました。

最初に投資をする人は、自分にとって全て失ってもいいと思えるくらいの金額を投資することがおすすめです。

投資額500万円程度

アールさん
アールさん

え・・・? なんだか一気に増えていませんか?

エフ博士
エフ博士

実際には徐々に投資額を増やしていって気が付けばこのくらいの金額になっていたといった感じです。

投資額が500万円以上になってくると投資した金額が0円になってもいいやというわけにはいかなくなってきます。

人にとってはたかが500万円という人もいるかもしれませんし、500万円なんて投資にまわせないという人もいるでしょう。

世の中には明日食べるのに困るほど困窮している人もいれば、想像できないほどの富豪もいます。

少なくとも私にとって500万円は非常に大きな金額でした。

当然株価が大きく下落することもありますし、為替の変動によって評価額が下がることも多々ありました。

一度に大きく投資額を増やすのではなく、徐々に増やしていくことが大切です。

エフ博士
エフ博士

多少上手くいったからといって一気に投資金額を釣り上げると、その瞬間暴落が起きた場合死にます。

多分世の中にはコロナショックの直前に投資してしまい絶望してしまった人もいることでしょう。実際にはその後すぐに回復しましたが、経験が浅い人はそのまま狼狽売りに走ってしまった人も・・・。

アールさん
アールさん

ひぇ・・・。

この頃から私の中ではある程度方針が固まり、いわゆる毎年増配をしている高配当株をメインに保有するようになりました。

例え一時的に下落しても配当があるから気長に回復を待てる心の余裕が生まれました。

そして運が良かったのか米国株市場もハイテク株メインに上昇が続いていきました。

当時はコカコーラ、JNJ,AT&Tなどを保有していました。アップルの上昇が大きかったこともありこちらも保有していました。

500万円以上になると必然的にある程度方針のようなものが固まってきます。そのため多少の下落では思っているほどメンタルはやられないはずです。

投資額1,000万円程度

エフ博士
エフ博士

大台に来ましたね。

アールさん
アールさん

怖いです。

投資額1,000万円というと最初期からは考えられないくらい大きな金額になります。

株価が数パーセント動いただけで金額にかなりの変化があります。

ただ、余程資産に余裕がなければこの金額を一度に投資する人は中々いないでしょう。

これまで用心深く投資額を増やして金額を増やしてきた人が多いはずで、ある程度は経験も溜まってきているケースが多いと思います。

ここまでくると私の場合お金そのものではなく、あくまで単純に数字を増やすといった感覚になりました。

RPGなどをプレイする方はレベル上げという作業をすると思いますが、多分それと似たような感じです。

実際のお金が動いているのだと想像してしまうとちょっと怖くなってしまう金額です。

エフ博士
エフ博士

私はそれまでは個別株メインの運用でしたが、インデックス投資メインに切り替えました。

個別株の場合はその企業に何らかの事件が起きて、時には株価が考えられないほど急落してしまうといったリスクがあるからです。

1,000万円以上になってくるとお金を単純な数字として見られる感覚が出てくるので、メンタルは意外と安定しています。

株価が気になって仕事や家事に手がつかないといった感じの人は、投資金額を下げた方がいいと思います。

投資額1億円程度

エフ博士
エフ博士

・・・・・・

アールさん
アールさん

どうしたんですか博士?

エフ博士
エフ博士

1億円も運用していないので私の話はここで終わりです。

勿論私は1億円も運用資金がないので実際にどのような変化が起きるのかわかりません。

でも意外とあまり変わらないのではないかと思います。

ここまで来る人は一気に1億円投資するのではなく、それまでの積み重ねがあった結果、気が付いたら到達しているケースが大半だと思います。

また、投資の対象も株だけではなく他にも分散しているはずです。

投資金額は大きいですが資産全体のボラティリティが低くなるようにして、長期間かけて確実にリターンを重ねていく手法をとるようになると思います。

なので、1億円以上でもメンタル的にはこれまでと変わらないのではないかという推測になります。

まとめ

運用資産額ごとのメンタル変化を追ってみました。

投資をしたことが無い人にとってみれば、投資自体に対してかなりの不安があると思います。

金額が大きくなるほど心配が増えて眠れない夜を過ごすようになるのではないかと思いがちですが、実際には経験値や慣れといった感覚も増えていくためそれほどメンタルが追い詰められることはありません。

勿論あまりにも大きな暴落が起きれば別ですが・・・。

個人的には長い時間をかけて少しずつ増やしていくということが何よりも大切で、結局のところ時間をかけることが精神的な安定につながっていくと実感しています。

また、投資は完全に自己責任ですので最終的には自分自身で判断することも重要です。

自分で覚悟を持って判断することでメンタルの安定につながってきます。

アールさん
アールさん

時間をかけて投資することが大事なのですね。

エフ博士
エフ博士

ただ、結局のところ経験したことがないようなひどい暴落がくれば誰でも精神的に追い詰められてしまうものです。その時は正直どうなるのかわかりません・・・。

私も何事にも動じない鋼のようなメンタルを手に入れたいものです。

それでは。

↓1日一回応援ポチッとお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

【米国株投資を始めたい方はこちらから】

マネックス証券

コラム
エフ博士の米国株投資ブログ
タイトルとURLをコピーしました